経皮毒と婦人病

婦人病とは、月経痛や子宮内膜症、子宮ガン、子宮筋腫など女性特有の病気のことをいいます。近年、こういった子宮筋腫や子宮内膜症など婦人病が増えています。

経皮毒の作用による有害化学物質の摂取は婦人病にも関与していると考えられています。

その一番の理由は経皮毒性化学物質などのホルモン作用によるものです。

特に環境ホルモンと呼ばれるものでは体内に入りホルモンと同じような効果を及ぼしてしまいます。

経皮毒の作用により、体内に入り込みやすくなった状況で、環境ホルモンとなる化学物質が体内に入ってきます。

女性の場合は女性ホルモンであるエストロゲンと似た環境ホルモンによって、体内のホルモンバランスが崩れ、子宮筋腫や子宮内膜症といった婦人病を引き起こします。

婦人病では生理不順が初期の兆候としてあわられることからもわかるように、ホルモンとの関わりがとても大きな病気なのです。

「生理痛がひどい」「生理が不規則」といった場合には、婦人科検診を受けるとよいでしょう。


▼「経皮毒と病気」の関連記事
経皮毒とアトピー(アレルギー)  経皮毒と癌
経皮毒と婦人病 経皮毒と神経系の病気


⇒楽天市場で「経皮毒」関連商品をチェック

経皮毒事典 TOPへ▲
posted by 経皮毒ちゃん | 経皮毒と病気
経皮毒事典」は経皮毒に関する情報サイトです
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。