経皮毒と癌

癌(ガン)の種類は肺がん、肝臓がん、胃がん、乳がんなどなど様々です。

がんのしくみを一言で説明するのは難しいのですが、簡単にいうと「細胞が無秩序に増え続けること」です。細胞の正常な抑制機能が失われ、どんどん増殖していくがん細胞は、他の細胞を圧迫し、体のいろいろな部分・器官の機能をうまく働かなくしてしまいます。

こういった癌(ガン)の原因は種類によってさまざまですが、経皮毒もその一つではないかといわれています。

それは経皮毒の作用により発がん性のある化学物質の影響を受けやすくなるためです。

特にがんの中でも経皮毒との関連性の高い肌に起こる皮膚ガンについては経皮毒性化学物質の影響が大きいと考えられています。

経皮毒性のある有害化学物質は脂溶性のものが多く、特に日用品に含まれていた場合は、日々体内に入り込み、皮下脂肪に蓄積されてきます。

その蓄積された有害物質がガンを誘発することになるのです。


▼「経皮毒事典」関連記事
経皮毒とアトピー(アレルギー)  経皮毒と癌
経皮毒と婦人病 経皮毒と神経系の病気


⇒楽天市場で「経皮毒」関連商品をチェック

経皮毒事典 TOPへ▲
posted by 経皮毒ちゃん | 経皮毒と病気
経皮毒事典」は経皮毒に関する情報サイトです
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。