経皮毒とアトピー(アレルギー)

アトピーや花粉症などアレルギーに関する病気は現代病や都会病とも呼ばれることがあります。都市化する日本でも例に漏れず近年とても増えています。

こういったアレルギーに関する病気で困ったことは決定的な治療がわかっていないことです。アレルギー症状は体内の免疫システムが外からの刺激を排除しようとするときに起きます。

アレルギー症状を引き起こす物質(アレルゲン)は個々によって違いますし、そもそも免疫システム自体いまだによくわかっていないことが多いのです。

こういったアレルギー性の病気にも経皮毒が大きく関わっているのではないかと言われています。

アトピーなどのアレルギー病が都会に多いのもうなずける話です。

経皮毒との関係で考えてみると、まず経皮毒性のある化学物質そのものがアレルゲン(アレルギー反応を起こすもとになる物質)である場合があります。

また界面活性剤などで経皮毒の吸収率が高まることによって、他のアレルゲンとなる化学物質が体内に入る場合もあります。

日用品によって、アレルギー反応が出る場合は、そういう経皮毒性のあるものが含まれていないものに替えて様子を見てみるとよいでしょう。


▼「経皮毒事典」関連記事
経皮毒とアトピー(アレルギー)  経皮毒と癌
経皮毒と婦人病 経皮毒と神経系の病気


⇒楽天市場で「経皮毒」関連商品をチェック

経皮毒事典 TOPへ▲
posted by 経皮毒ちゃん | 経皮毒と病気
経皮毒事典」は経皮毒に関する情報サイトです
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。