経皮毒と化粧品

現代の女性にとって化粧品は必需品であり、日常よく使うものです。

しかし、その化粧品にも経皮毒性のある化学物質は多く含まれています。

化粧品には、界面活性剤をはじめ、保湿剤、防腐剤、酸化防止剤、発泡剤など、これらには多くの化学物質が使用されています。

化粧品の場合は、大量生産を可能にするために安価で効率的な化学物質を利用しがちです。またさらに美容効果を出すために新たな物質を開発したりもしています。

化粧品は皮膚に直接使用しますし、種類によっては長い時間お肌の表面に塗って使います。

最近話題のヒアルロン酸やコラーゲンなどは保湿効果などでよく化粧品に使われていますが、これらは分子量が大きいために皮膚の表面にとどまります。

それに対して経皮毒性のある化学物質は分子量が小さいために皮膚を通して体内に蓄積されるようになります。

普段よく使うものだからこそ、注意して利用するのがよいでしょう。


▼「経皮毒事典」関連記事
経皮毒とシャンプー 合成界面活性剤とは 経皮毒とリンス
経皮毒と石けん 経皮毒と入浴剤 経皮毒と洗濯用洗剤
経皮毒と台所用洗剤 経皮毒化粧品


⇒楽天市場で「経皮毒」関連商品をチェック

経皮毒事典 TOPへ▲
posted by 経皮毒ちゃん | 経皮毒と日用品の関係
経皮毒事典」は経皮毒に関する情報サイトです
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。