合成界面活性剤とは

合成界面活性剤とは水と油を混ぜ合わせる乳化作用のある成分のことをいいます。

この性質を利用して、油を含む汚れを落とすという目的の製品に多く含まれています。シャンプー、ボディシャンプー、リンス、トリートメント、整髪料、シェービングクリーム、洗顔用品、洗剤、殺虫剤など本当に様々な日用品に使用されています。

汚れを落としやすくするという面ではとても効果的なものなのですが、肌に対しては多くの問題をかかえています。

合成界面活性剤は経皮毒とも深い関係があります。

合成界面活性剤は、皮膚のバリア機能を持つ皮膜の機能を弱めてしまいます。バリア機能が弱まった肌には経皮毒性の性質を持つような有害な化学物質が皮膚を通して入りやすくしてしまいます。

また合成界面活性剤と溶解剤をあわせて使用すると皮膚の角質層が溶かされてしまいます。こういう悪循環によって、さらに経皮毒の影響を大きく受けることになってしまうのです。

最近ではこういった合成界面活性剤を使用していないことをうたっている無添加製品も増えていますので、気になる方はそういったものを利用するのもよいでしょう。

▼「経皮毒事典」関連記事
経皮毒とシャンプー 合成界面活性剤とは 経皮毒とリンス
経皮毒と石けん 経皮毒と入浴剤 経皮毒と洗濯用洗剤
経皮毒と台所用洗剤 経皮毒と化粧品


⇒楽天市場で「経皮毒」関連商品をチェック

経皮毒事典 TOPへ▲
posted by 経皮毒ちゃん | 経皮毒と日用品の関係
経皮毒事典」は経皮毒に関する情報サイトです
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。