経皮毒とシャンプー

経皮毒の話題になると必ずシャンプーのことが出てきます。どんな経皮毒関連の書籍を開いても、シャンプーについてはしっかりと書かれているようです。

それはシャンプーに非常に多くの経皮毒性の有害化学物質が含まれているためです。シャンプーの洗い流す働きに使用する化学物質をはじめ、よい香りを出すために使用する香料など様々です。

シャンプーではラウリル硝酸ナトリウムのような合成界面活性剤が使用されていることが多く、保湿剤・乳化剤・防腐剤・着色剤などにもさまざまな経皮毒性のある化学物質が使用されています。

頭皮の場合は、皮膚(角質層)が薄いため経皮吸収率が非常に高くなっています。

さらに問題なのは、入浴時には経皮毒性化学物質を吸収する割合(経皮吸収率)が高まってしまうのです。これはお風呂に入ることで体温が上昇し、細胞の物質を吸収する働きが強まってしまうためです。

また日本人は特にお風呂が好きなので、シャンプーは毎日使用する人が多いと思います。毎日使用するものこそ、しっかり注意して使用しましょう。

▼「経皮毒事典」関連記事
経皮毒とシャンプー 合成界面活性剤とは 経皮毒とリンス
経皮毒と石けん 経皮毒と入浴剤 経皮毒と洗濯用洗剤
経皮毒と台所用洗剤 経皮毒化粧品


⇒楽天市場で「経皮毒」関連商品をチェック

経皮毒事典 TOPへ▲
posted by 経皮毒ちゃん | 経皮毒と日用品の関係
経皮毒事典」は経皮毒に関する情報サイトです
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。