経皮吸収とは

経皮吸収とは皮膚から物質を吸収することです。

経皮毒と最も関係が深いのはこの経皮吸収によるものです。

皮膚は基本的にバリアのような構造になっていて、外部からの物質を防ぐ役割を持っています。そのため近年までは、皮膚からの物質の吸収はほとんどないと考えられていたようです。

ただ最近の研究によって、脂に溶けやすい性質(脂溶性)の物質は皮膚からでも吸収されやすいということがわかっています。

医療薬にもこの性質を生かした薬品が多くあります。

しかし、有効な成分ならいいのですが、日用品や医療薬には経皮毒性のある物質もあるため、これらの経皮毒性化学物質が経皮吸収によって体内に入るとなると問題があります。

また経口吸収の毒素排出率が90%なのに対して、経皮吸収によって取り込まれた毒素の排出率は10%程度といわれています。

次のカテゴリーでは経皮毒と皮膚の関係について、より詳しく見ていきます。

▼「経皮毒事典」関連記事
経口吸収とは 経皮性吸収とは 経皮吸収とは 皮膚の構造について
経皮毒による皮膚の吸収率の違い 経皮毒を受けやすい条件


⇒楽天市場で「経皮毒」関連商品をチェック

経皮毒事典 TOPへ▲
posted by 経皮毒ちゃん | 経皮毒はどのように体内に入るか
経皮毒事典」は経皮毒に関する情報サイトです
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。