経皮毒とリンス

リンスというと何だかやさしいイメージがあって、それほど大したことないだろうと思われがちですが、リンスには陽イオン系界面活性剤というものが使用されていることが多く、場合によってはシャンプーの合成界面活性剤よりも有害であると考えられています。

経皮毒との関係でシャンプーがよく話題となりますが、そう考えるとリンスも十分危険な可能性があるといえるでしょう。

またリンスにはシャンプー同様に保湿剤や着色剤などに有害化学物質が使われていることも多く、機能性や使用感だけで判断するのは注意が必要です。

いい匂いのするリンスには刺激性の強い香料が含まれている可能性もあります。

シャンプーだと丁寧に洗い流す人も、リンスを洗い流すのはそれほど気にしていなかったりします。できるだけ一度に使用する量を減らし、すすぎもきちんと行うように心がけるといいでしょう。

特に頭皮は経皮吸収率が高い部分でもあるので、洗い残しをしないように注意しましょう。

▼「経皮毒事典」関連記事
経皮毒とシャンプー 合成界面活性剤とは 経皮毒とリンス
経皮毒と石けん 経皮毒と入浴剤 経皮毒と洗濯用洗剤
経皮毒と台所用洗剤 経皮毒と化粧品


⇒楽天市場で「経皮毒」関連商品をチェック

経皮毒事典 TOPへ▲
posted by 経皮毒ちゃん | 経皮毒と日用品の関係
経皮毒事典」は経皮毒に関する情報サイトです
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。