経皮毒と環境ホルモン

経皮毒は環境ホルモンとも深い関係があります。

環境ホルモンというのはご存知でしょうか?

環境ホルモンとは人間の体内でホルモンと同じような作用を引き起こす化学物質のことです。

日本では1997年に出版された「奪われし未来」(翔泳社:シーア・コルボーン他著)という本で環境ホルモンがとりだたされ話題になりました。

環境ホルモンは非常に少量でも大きな影響を与えます。その影響はホルモンバランスが崩れるだけでなく、人間の脳神経系や生殖機能への悪影響も与えます。特に胎児や幼児期においては、正常にホルモンが作用しないことで様々な弊害が起こる可能性があると指摘されています。

よくごみ処理場周辺で問題となるダイオキシンなどは、昔だと発がん性の問題しか取り上げられていませんでしたが、最近ではこの環境ホルモンの作用も大きな問題となっています。

経皮毒の作用によって、化学物質が体内に入りやすい状況になってしまうと、環境ホルモンとなる化学物質の影響を受けやすくなります。

ただ環境ホルモンは経皮毒同様に因果関係を決定することが困難で、今も研究が続けられています。

▼「経皮毒事典」関連記事一覧
経皮毒とは 経皮毒と有害科学物質
表示指定成分とは 表示指定成分の一覧 経皮毒と環境ホルモン


⇒楽天市場で「経皮毒」関連商品をチェック

経皮毒事典 TOPへ▲
posted by 経皮毒ちゃん | 経皮毒の基礎知識
経皮毒事典」は経皮毒に関する情報サイトです
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。