化学物質過敏症

経皮毒以外の化学物質による病気 その1
化学物質過敏症

化学物質過敏症とは、その名の通り化学物質に対して過敏に反応してしまう症状のこと。中年の女性に多いのが特徴です。

化学物質過敏症では、」更年期障害や神経症に似た症状が起こるといわれています。

化学物質過敏症は摂取量がごくわずかでも発症し、大量に摂取した場合は短時間で発症します。

いわゆるアレルギーの一種として考えられているのですが、どの化学物質が原因となっているのかを特定するのが難しいため、確実な治療法がないのが現状です。

化学物質過敏症の原因となる物質や引き起こされる症状は人によって様々ですが、肌荒れがひどくなったり、頭痛などがおこったりする人もいます。

中には化学物質過敏症であることを気にしすぎるために、常にどういった化学物質が含まれているのかが気になり、それが精神的な負担になってしまうケースもあるようです。

微量の化学物質の影響で症状が起こるのは経皮毒と非常によく似ている点で、「ホルムアルデヒド」という建材によって発症するシックハウス症候群もこの化学物質過敏症のひとつです。

▼「経皮毒事典」関連記事一覧
化学物質過敏症 | シックハウス症候群


⇒楽天市場で「経皮毒」関連商品をチェック

経皮毒事典 TOPへ▲
posted by 経皮毒ちゃん | 経皮毒以外の化学物質による病気
経皮毒事典」は経皮毒に関する情報サイトです
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。